このようなお客様へ
  • 計算結果の可視化を行いたいと考えている方
  • 各種画像解析・画像処理に携わっている技術者・研究者
実績
近年の半導体技術の発展による受光デバイスの小型化により、CCDなどのエリアディテクタを用いた光学測定が行われる時代になりました。 エリアディテクタは一度にたくさんの情報を獲得できることから、衛星による天体画像観測から実験室内での分光測定まで広く使用されています。 これらの測定で得られるデータは2次元画像データであり、その大量の2次元配列データの解析には従来の言語では多くの時間を消費することは明らかです。 IDL(Interactive Data Language)とは画像処理・データ視覚化に関する機能を多く持つ、画像データ処理に適した言語です。 当社は、IDLコード解析やIDLを用いた画像処理・データ可視化の経験を持っており、画像処理・データ可視化に関するお客様のニーズにこたえられると考えています。